もしペットが皮膚病になったなら【念のために保険に加入しておこう】

個体の状態に合わせます

犬

体重が目安になります

ペットとして非常に人気の高い犬は、非常に活動的な動物です。飼育されている犬は活動環境は大幅に制限されますから、飼主が自主的に散歩へ連れて行く習慣は非常に大切な運動です。柴犬は日本犬のなかで最も小型の犬種で、極めて飼育しやすい犬の一つです。しかし、歴史的に山岳地帯を中心に猟犬として扱われてきたので、非常に運動能力の高い点が特徴です。ペットになっている現在も、柴犬の散歩は欠かせません。ただし、過剰な運動が健康面の悪影響に繋がる可能性を高めることは、人間と同じく犬であっても変わりません。柴犬の散歩は、適切な距離を守ることが大切です。伝統的な目安は、体重と同じ単位の距離が基準と言われています。柴犬の成犬は10kg程度が平均体重ですから、最大で10km前後が該当します。ただし、個体に応じて身体能力は異なる上に、活動内容も大きく影響します。特に、性格次第で歩くことを好む場合がある一方で、積極的に走ることも珍しくありません。そのため、30分程度の散歩を、1日2回行う方が適切な散歩になりやすいです。散歩後に不足している様子があれば、自宅で軽く運動させれば最適です。ただし、日本の住宅環境で、柴犬が自由に活動できる場所は限られています。そのため、放し飼いにして、他人とトラブルを発生させないように注意が必要です。また、自動車や自転車等に接触しないように、柴犬の行動を常に監督して誘導することも欠かせません。きちんと監督することによってトラブルも避けられるため、しっかり見ておきましょう。